【ビジネスかカジュアルか】ミステリーランチのワンナップをレビューします

バッグ類

ミステリーランチ ワンナップ

現在は廃盤

ミステリーランチのワンナップをレビューします。
といっても、2022年現在ワンナップは廃盤となっていて、新品で入手することはできない。レビュー記事をあげるには遅すぎる感が半端ないが、今でもメルカリ、セカンドストリートなどのフリマアプリやリユースショップで購入することができる。実際に僕も中古で購入した。

発売当時は定価が15,400円だったようだが、廃盤になったからといって高値で売られているわけではなく、7,000円~10,000円ぐらいの価格帯で取引されている。

ミステリーランチのビジネス用バッグといえば3wayがあるが、あちらは定価が25,300円とまあまあいい値段がする。機能の違いはあれど、それと比べたら比較的手を出しやすい価格ではあるので、ミステリーランチ製のビジネス用バッグの購入を検討しているなら、このワンナップも選択肢に入れていいと思う。

機能

素材

  • 500Dコーデュラナイロン
  • YKK止水ジッパー

素材は500Dコーデュラナイロン。
これは2dayアサルトにも採用されている生地で、摩耗・引き裂きに対してすごく強いのが特徴。触った感じはザラっとした感触で、白い汚れやホコリが付きやすいものの、拭けばすぐに落とすことができる。

ジッパーはYKKの止水ジッパーが採用されている。通常のジッパーよりも固さは感じるものの、開閉はとてもスムーズだ。出先で雨に降られたとしても、中に入れた書類やPCが濡れにくいようになっている。

ジッパーの持ち手には、ミステリーランチのバッグによくある紐が取り付けられている。開閉がしやすいのと、ジッパーの金属部分の接触音を低減する効果があって機能的なのだが、ビジネス用としてはカジュアルな感じが出てしまっている。

底部について、底鋲は付いておらずシンプルな造りとなっている。
また固いプレートが入っていて、カバンの形状を保つとともに、床に置いた時にしっかりと自立する。

背面はこのような感じで、後述するメッセンジャーバッグ用のベルトを内蔵することができる。

フロントポケット

フロントポケットは斜めにジッパーが配置されていて、開けるとオーガナイザーポケットがある。ペン、名刺入れ、財布、スマホなどのアイテムを整理しつつ収納することができるので便利だ。

しかし、斜めジッパーについては見た目がお洒落というだけで、実用性があるかというと微妙と会感じる。

裏地は真っ黒というわけではなく、ダークグレーの生地が使われている。なので中に入れた物の視認性が少し良い。でも個人的にはもう少し明るい色の裏地にしてほしかったところ。

メインポケット

メインポケットを開けると、中にはさらに3つのポケットがある。
こちらはノートパソコンを収納するためのポケットで、15インチまでのノートパソコンに対応している。

反対側には大小2種類のポケットがある。

メッセンジャーバッグとして使える

最大の特長は、背面に収納してあるベルトを利用してメッセンジャーバッグになる点だ。これによって仕事中は手提げ、自転車での移動中はメッセンジャーバッグというような使い方ができるので、とても便利だ。

よくある手提げにもリュックにもなるというバッグだと、肩のベルトが2本あって収納に時間がかかり面倒だったりする。だからほとんどリュックとしてしか使わないみたいなことがあったりするが、その点、メッセンジャーバッグはベルトが1本なので、収納と装着が早くできるところがいい。

ベルトの配置的に右肩でなく、左肩で背負う形になる。

ショルダーバッグとしても使える

付属のベルトを装着することで、ショルダーバッグにもなる。
なので、手提げ、メッセンジャーバッグ、ショルダーバッグの3wayで使うことができるということになる。

良いところ・気になるところ

良いところ

  • 頑丈な作り
  • メッセンジャーバッグとして使える

ミステリーランチ製のカバンというだけあって頑丈な生地・作りとなっているので、そうそう壊れることなく、長く使うことができるだろう。
また、メッセンジャーバッグにもなるので状況に応じた使い方が可能なところが素晴らしい。

気になるところ

  • フロントポケットが少し使いにくい
  • ビジネス用としてはカジュアル

気になるところとしては、フロントポケットのジッパーが斜めになっているのが見た目はお洒落だが、使いにくい。

また、ビジネス用としてはカジュアルすぎる感じがある。
ジッパーの持ち手が紐なところと、正面のミステリーランチのロゴの主張が強いところが主な要因だが、固い職場や客先への訪問では使いにくいところがあると思う。

以上、参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました