【もう迷わない】無地のTシャツおすすめブランド

ファッション

メンズの夏のトップスといえばTシャツだろう。

この記事では、僕が持っているTシャツを紹介していく。主にコスパや機能性について評価していきたいと思うので、参考になれば幸いです。

個人的に無地の白Tシャツが好みなので、僕が購入しているのは基本そればかりになっている。しかし、ここで紹介しているTシャツは他の色も販売されているので、気になる人はチェックしてみてほしい。

ヘインズ ビーフィーTシャツ

  • ジャストサイズ
  • 着丈短め
  • 耐久性○
  • 透けない
  • 1枚で着れる
  • 約1,500円

ヘインズのビーフィーTシャツは厚い生地でできていて、全く問題なく1枚で着ることができる。透けることもない。

複数年着用してもよれない耐久性も持っている。ただ白だと黄ばみが落ちにくくなるし、ネイビーからは色落ちするので、それなりに劣化はする。

シルエットはジャストサイズなので、普段自分が着用しているサイズで大丈夫。洗濯を繰り返すと若干縮むような気がする。

ジャストサイズなので、肌に触れている面積が大きく暑さを感じやすい。コットン100%で濡れると乾きにくく、臭いも発生するのでその点は注意が必要。

ユニクロU クルーネックT(半袖)

  • ゆったりシルエット
  • 着丈長め
  • 耐久性○
  • 透けない
  • 1枚で着れる
  • 990円(セール時790円)

ユニクロのクルーネックTはゆったりシルエットで、着丈が長め。こちらも分厚い生地でできているので、透ける心配はなく、1枚で着ることができる。

コットン100%なので、汗をかくと乾きにくく、臭いが発生する。

全国のユニクロの店舗と、通販で購入することができるので、入手性がいい。それにセール時は790円になるのでコスパは抜群だ。ポケットの付いてない、シンプルなTシャツが好みならこれでいい。

無印良品 太番手天竺編みポケット付き半袖Tシャツ

  • 程よいゆったり
  • 耐久性○
  • ほぼ透けない
  • ポケット付き
  • 1枚で着れる
  • 990円

無印良品の「太番手天竺編みポケット付き半袖Tシャツ」(商品名が長い)は個人的に一番気に入っているTシャツだ。

程よいゆったりとしたシルエットで着心地がいい。それに厚い生地でできているので透けにくいが、ビーフィーやユニクロUのクルーネックTよりは透ける。すごく色の濃い人だと心配かも。

ポケットが付いていて、マスクや鍵などを入れることができ、実用性が高い。

1枚990円でコスパが高く、全国の無印良品店舗と通販で購入できて入手性がいいのも素晴らしい。

コットン100%なので化学繊維のTシャツより機能性は劣るけど、それは仕方がない。それ以外は欠点がない素晴らしいTシャツだと思っている。

ユニクロ エアリズムコットンクルーネックT

  • ジャストサイズ
  • 機能性○
  • 耐久性✕
  • やや透ける
  • 990円(セール時790円)

ユニクロのエアリズムコットンクルーネックTは、ユニクロの機能素材「エアリズム」が使われているので、接触冷感、通気性、防臭などの点で優れている。

ただ、生地は薄めなので若干透けるし、1枚で切るには心もとない。それに数回の洗濯で首元がよれてくるので耐久性が低い。

僕は最初外で使って、よれたので部屋着になっている。着心地はいいので耐久性が低いのが惜しい。

ユニクロ製品なので入手性はいい。セールだと790円なのもコスパ最高。

ユニクロ ドライEXクルーネックT(コットンライク・半袖)

  • ややゆったり
  • 機能性○
  • やや透ける
  • 1,500円(セール時990円)

ユニクロの機能素材「ドライEX」が使われている。この素材はスポーツでの使用を想定されていて、吸汗速乾機能が優れている。

通常のドライEXのTシャツだとスポーツ感が強いので日常で着るのは若干抵抗があるが、このTシャツはコットンライクということで、普通の綿のTシャツに見える。

脇の通気性をよくするために、その部分のデザインがスポーツっぽくなっているが、普通に着ている分には目立たない。

見た目は綿のTシャツ、機能性はドライEXということで、個人的に最強のTシャツかと思ったが、残念ながら白はやや透ける。この点が非常に惜しい。

白は透けるけど、他の色は大丈夫ということで僕は黒を購入した。

繰り返しになるがユニクロなので入手性はいい。通常価格1,500円とユニクロにしては高めだけど、コスパはかなりいいと思う。セールだと990円になるので、それを狙うのがいい。

モンベル ウィックロンTシャツ

  • ジャストサイズ
  • 機能性◎
  • 透ける
  • インナー向け
  • 2,420円

日本のアウトドアブランド・モンベルが販売しているTシャツ。モンベルの開発した機能素材「ウィックロン」が使われている。

ウィックロンの効果で、速乾性、通気性、防臭性が高く機能性に優れている。1枚2,420円とエアリズムの倍の値段がするが、その分性能は高い。流石アウトドアブランドという感じがする。

ただ、白は普通に透けるので1枚で着るのはかなり勇気がいる。あくまでインナーとして着用するに限られるので、その点が残念。

パタゴニア キャプリーン・クール・デイリー・シャツ

  • サイズ選びに注意
  • 機能性最強
  • 耐久性○
  • 袖長め
  • やや透ける
  • 1枚で着るにはやや心もとない
  • 4,180円

アメリカのアウトドアブランド・パタゴニアが販売しているTシャツ。パタゴニアの販売しているTシャツは種類がたくさんあるが、白の無地ならこれ一択になっている。

1枚4,180円とユニクロの4倍、モンベルの2倍の価格だが、性能は最強。接触冷感、速乾性、防臭性が非常に高い。特に防臭性がすごくて、全然臭くならない。

登山などのアクティビティで使用するなら、これが最強だと思う。デザインがスポーツっぽくないので、普段着で着ていても違和感がないのがいい。

パタゴニアの店員さん曰く、基本インナーでの着用を想定されているらしく、これ1枚だと若干透ける。が、ものすごく気になるというほどではない。生地は薄めだけど、洗濯を繰り返してもよれていないので、耐久性も高い。

注意点としては、パタゴニアは外国のブランドなのでサイズ選びに注意が必要だ。普段着用しているサイズよりワンサイズ落としてちょうどいいぐらいになる。試着してから購入するのが一番いいが、パタゴニアの店舗はユニクロや無印良品ほど多くないので、それができない人もいると思う。そこが難しい。

※2021年7月現在、UPFのラベルの誤表示により自主回収を行っており、それに伴い販売が中止されている。詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました